評価方法EVALUATION

洗濯による繊維くず発生量試験

 

近年、環境中に拡散したマイクロプラスチック(5mm以下の微細なプラスチック)がもたらす海洋環境問題が世界各地で問題化されています。

その中で下水に流入する家庭洗濯排水にも化学繊維(マイクロプラスチックファイバー)が含まれており、海洋に流出していることが指摘されるなか、対策が注目されています。

そこで弊社では洗濯によるマイクロプラスチックを含む繊維くずの発生量を測定する独自の試験方法(UGT法)を開発しました。